雨の物語 2018年06月11日 季節・自然 トラックバック:0コメント:2

昨日訪ねた日野市の高幡不動尊の紫陽花の続きです。
雨の紫陽花をマクロ撮影で撮れば面白いのでしょうが、紫陽花を入れた風景を撮って見ました。
小さな境内は傘を差して歩く人並みで人を入れずに写真を撮るのは至難の技。
人が居ない場所を選んで撮った高幡不動唯一の水辺。
無い頭を絞って撮った”雨の物語”です^^;

096_20180611195004359.jpg


122_201806112334424c1.jpg


120_20180611230301e70.jpg


113_20180611200001915.jpg
※ 2018 06.10 東京都日野市高幡不動にて
スポンサーサイト

高幡不動の紫陽花 2018年06月10日 季節・自然 トラックバック:0コメント:0

梅雨に入った最初の休日、小雨降る中、日野の高幡不動尊まで紫陽花を見に行って来ました。
見頃を迎えた紫陽花を見様と寺の境内は沢山の人で賑っていました。
梅雨を楽しむ日本人の感性の凄さを改めて感じます。
雨が似合う花達には良い季節がやって来ましたね。

014_2018061020404702b.jpg


071_20180610204046c1e.jpg


031_201806101918555cd.jpg


081_2018061020404685e.jpg
※ 2018 06.10 東京都日野市高幡不動にて

今日から水無月 2018年06月01日 季節・自然 トラックバック:0コメント:2

季節の移り変りと言う物は早いもので今日から六月になりましたね。
梅雨入り宣言はまだ出されていない関東地方、来週半ばにはどうも梅雨入りしそうです。
雨の季節が判るのか紫陽花が彼方此方で見かける様になりました。
今年はどんな雨の年になるのだろうか、災害が起きない事を願うばかりですね。
ブログネタも切れた所で明日は久々にカメラと弁当持って丹沢の山にでも遊びに行って来ようと思います。
昨年10月から途絶えていた山歩き、明日晴れると良いなぁ。

039_20180601204346355.jpg


038_20180601204345a8a.jpg
※ 2018 05.29 東京都日野市高幡不動尊にて

親亀の背中♪ 2018年05月19日 季節・自然 トラックバック:0コメント:2

春になり水が緩るんで来たのが判るのか水の中から出て甲羅干しをする亀の親子。
親亀の背中の上では子亀が甲羅干しをしています。
家族水入らずで過ごす亀の休日、何とも微笑ましい光景に思わずカメラを向けてしまいました。
親亀の背中に子亀を乗せて♪子亀の背中に孫亀乗せて♪なんて言う歌が昔有った様な・・・・・・・・・・・。

002_201805192108115d9.jpg
※ 2018 04.07 東京都八王子市片倉城跡公園にて

新緑の映り込みと亀の親子 2018年05月14日 季節・自然 トラックバック:0コメント:2

八王子市の都立長池公園内に有る溜池。
正式な名前は筑池と呼ぶのですが、水の流れが無いので蒼々とした色を蓄えています。
水辺に映る新緑の池に冬眠が終わった甲羅干しをする亀の親子。
上野動物園のシャンシャン親子とまでは行きませんが、親子の姿が可愛いらしいですね。

048_20180514200252e56.jpg


046_20180514200251921.jpg


051_20180514200250c62.jpg
※ 2018 05.06 東京都八王子市都立長池公園にて

里山を歩く 2018年05月13日 季節・自然 トラックバック:0コメント:0

都立長池公園の里山の中を歩いて見ました。
コナラの木々が生い茂る森の中は折からの晴天で心地よい里山歩きが出来ます。
もう少し樹木の葉が成長すると鬱蒼とした森に変わるのでは無いでしょうか。
コナラの根元に咲くニガナの花、林の中にはオカタツナミソウも咲いているのが見られます。
春から初夏にかけて咲き出す山野草が彼方此方で見る事が出来ます。
都市公園とは思えない立派な自然が残る里山ですね。

038_20180513190840f03.jpg


039_20180513192804202.jpg
ニガナの花

041_20180513201433ff1.jpg


059_201805132221469a0.jpg
オカタツナミソウ

※ 2018 05.06 東京都八王子市都立長池公園にて

橋のある風景と里山 2018年05月12日 季節・自然 トラックバック:0コメント:0

私のお気に入りの公園の一つ、八王子市の多摩丘陵の一角に広がる都立長池公園。
多摩丘陵も宅地開発によって都心のベッドタウンと化していますが、まだまだ自然が残る里山の風景が見られます。
そんな公園には代掻きが終わり、水が張られた小さな棚田も見る事が出来ます。
都市と里山が混在する風景に何故か妙に魅かれてしまいます。
蒼々とした溜池は子供達にとって”ここで遊ぶと河童が出るぞ!”の世界なのかも知れません。

013_20180512202544c3d.jpg


008_20180512221655ebc.jpg


025_20180513100127a5d.jpg


026_20180512202543708.jpg
※ 2018 05.06 東京都八王子市都立長池公園にて

里山にて 2018年05月11日 季節・自然 トラックバック:0コメント:2

5月の連休に暇がてら訪ねた八王子市の都立長池公園。
かっては農業用水の溜池も水辺の公園として野鳥達が数多く見られます。
そんな里山で目にした獲物をゲットしたばかりのガビチョウ。
新緑の季節を向かえ、森に住む生き物達にとっても良い季節がやって来ましたね。

014_2018051215171436c.jpg


017_2018051215171321a.jpg


021_201805121517135f7.jpg
※ 2018 05.06 東京都八王子市都立長池公園にて

新緑の城跡にて 2018年05月10日 季節・自然 トラックバック:0コメント:2

5月の連休に訪ねた中世の城跡歩き。
今年の連休は長かった事も有ってか、城跡へ遊びに来る人はほぼ皆無。
千畳敷と言う広場も桜の季節が終われば人の姿は全く見られません。
初夏の様な季節の森歩き、高い山で楽しむ新緑の景色とは違う美しさが有ります。

003_201805101932291d4.jpg


007_20180510193228822.jpg


097_201805101932280ad.jpg
※ 2018 05.05 東京都八王子市滝山城跡公園にて

馬の足型 2018年05月09日 季節・自然 トラックバック:0コメント:2

”馬の足型”が咲き出しているとブログで耳にしたので子供の日に見に行って来ました。
何じゃそりゃ!?と思うのですが、単なるキンポウゲの花。
草むらにはヘビ苺が至る所に生っています。
摘み取ってモグモグタイムにでもしようかとは思いませんが、ヘビでもいるんじゃないかと早々に退散。
緑みどりした初夏の森の散策も中々面白いもんです。

023_20180509212500b0d.jpg


057_2018050919285991d.jpg


056_20180509212459446.jpg


030_201805091944166e2.jpg
※ 2018 05.05 東京都八王子市滝山城跡公園にて
 » »