上高地クラシック 徳本峠~霞沢K1ピーク 2017年07月22日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

早朝4時起床、霞沢岳を目指して出発。
万事マイペースの親爺登山隊はお茶を飲み、5時テント場を後にします。
下り坂の天気も朝の内は良く、展望台からは穂高の山並みがはっきりと見えます。
朝陽の樹林帯を抜け、ジャンクションピークで迎える黎明の時、薄っすら赤く染まる木曽の山並みが美しい。
2400mも過ぎると一気に現れる高山植物、クルマユリが登山道の足元に咲き、歩き始めて2時間、ようやく霞沢岳が見えて来ます。
ホホイのホイ♪で登って帰って来られると思っていましたが意外と登り応えの有る山です。
良い天気もこの辺りまで、穂高の山並みに傘雲が掛り出します。
明日へ続きます。

210_201707222010093cf.jpg
(早朝の奥穂高岳、前穂高岳)

212_20170723073722e48.jpg


213_20170722225630ba5.jpg


217_201707222010086c7.jpg


230_20170722201006558.jpg
(ジャンクションピーク)

229.jpg


245_20170722201005e2e.jpg


170_2017072220100400b.jpg


250_20170722213321af9.jpg


260_20170722201020105.jpg
(正面がK1ピーク、左へK2ピーク、霞沢岳本峰)

※撮影 2017 7月16日 長野県松本市安曇上高地にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト

上高地クラッシック 徳本峠にて 2017年07月21日 山、自然 トラックバック:0コメント:4

上高地クラッシックルートの山旅。
今夜の宿は徳本峠にて穂高の山を眺めながらのテント泊まり。
ウェストンも見たであろう穂高の針峰郡は常念山脈から見るのが一番美しい。
領から領へ旅する昔の人々や幾人もの岳人がこの神々の山を見て身が震えたのではないでしょうか。
苦労して登って来た人だけに与えられるご褒美の様な景色を何時までも眺めていました。
明日はクラッシックルートから外れ霞沢岳へ向かいます。

201_20170721221516a32.jpg


203_20170721235415981.jpg


204_20170721221517862.jpg
※撮影 2017 7月15日 長野県松本市安曇上高地にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


上高地クラッシック 徳本峠 2017年07月20日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

たらたら写真を撮りながら一向に前に進まない親爺登山隊。
圧倒される流れの島々谷川から別れを告げ、やっとたどり着いた徳本峠。
目の前には岳人の憧れ穂高の山並みが待っていました。
島々宿を出て5時間、登山者の姿も少ないテント場で”バー徳本峠”を開店させ明日の英気を養います。
穂高の山並みを見ながら過ごす夏の午後、忘れられぬ山行の一つになりました。

178_20170720213652692.jpg


118_201707202136547fd.jpg


113_201707202136537b4.jpg


155_20170720213655883.jpg


194_20170720233208660.jpg


190_2017072021365134c.jpg


195_2017072122151867b.jpg
※撮影 2017 7月15日 長野県松本市安曇上高地にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


上高地クラッシック 島々古道にて 2017年07月18日 山、自然 トラックバック:0コメント:4

島々宿から歩く島々古道。
その昔人々が山を越え、行き来していた事が良く判ります。
島々宿から徳本峠を超え、焼岳中尾峠から蒲田へ下り、船津から越中へ行くこの道が最短の道だったのだと思います。
豊臣秀吉に追われ、逃げる途中殺された飛騨松倉城主三木秀綱の奥方の慰霊碑や炭焼き窯も見られます。
今でも陽の当たらぬ森と谷だけは昔と同じなのではないでしょうか。
先人達を思いながら幾つもの沢を渡り徳本峠を目指します。
歩きながらの撮影故ボケや色の悪さはお許し下さい。

047_20170718200116c9f.jpg


039_20170718200115a8b.jpg
松倉城主三木秀綱奥方の慰霊碑

058_20170718200113c7d.jpg
炭焼き窯

091_20170718200114978.jpg
島々谷川

055_20170718200113924.jpg


106_201707182155563d5.jpg
※撮影 2017 7月15日 長野県松本市島々にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


上高地クラッシック 島々古道 2017年07月17日 山、自然 トラックバック:0コメント:2

クラッシックルートを使い上高地まで行って来ました。
島々川谷沿いに続く鎌倉時代から有る島々古道。
豊臣秀吉軍勢が富山藩攻めに用い、近年では日本山岳の生みの親ウェストンも歩いたクラシカルな登山道です。
総距離29kmに及ぶ山道は素晴らしい谷と鬱蒼と茂る森の中を歩くとても良いコースでした。
俗化されてしまった上高地とは一線を画す島々宿からの山旅記事を暫らく続けようと思います。
今日は島々宿登山口から岩魚留小屋までを載せて見ました。
増水した沢に落ちた登山者を助けようと命を落とした岩魚留小屋ご主人の事故を知っている方も多いのでは無いでしょうか。

005_20170717152412e21.jpg
島々宿登山口

011_20170717152410efd.jpg


007_201707171524117a5.jpg
島々谷川

004_20170717210315643.jpg


032_2017071713073245e.jpg
二俣

092_20170717113325d12.jpg


072_20170717113323ddf.jpg


068_20170717113324146.jpg


099_20170717113322f29.jpg
瀬戸上橋


147_20170717125454062.jpg
岩魚留小屋
※撮影 2017 7月15日 長野県松本市島々にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


セラピーロード 2017年06月19日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

東京都檜原都民の森に有る”大滝の路”。
全国に62ヶ所有るセラーピーの森の中で東京都では唯一認定を受けている森林セラーピーロードだそうです。
足元には間伐材のチップが敷かれ、とても快適に歩く事が出来ます。
数多くの山野草が見られるのでしょうが、目に付いたのはガクウツギの花とアワフキ虫の泡。
アワフキ虫がいたのですが、泡の中に隠れてしまいました。
私の写真ではセラピーどころか病になってしまいますね^^;

020_20170619191557aa3.jpg


019_20170619212244978.jpg
サラサドウダン

025_201706191915569db.jpg
ガクウツギ

135_20170619191555aaa.jpg
アワフキムシの泡

※撮影 2017 6月11日 東京都桧原村にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


吊り橋の上で自撮りする登山者 2017年06月15日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

三頭山(ミトウサン)から流れ落ちる三頭大滝を背に自撮りする登山者。
滝を見る為に架けられた吊り橋は高所恐怖症の方は足がすくんで渡れない程の高さに有ります。
怖がる事も無くこの女性はスタスタと来てスマホで撮っておられました。
秋の紅葉、冬の氷瀑の頃にも来ましたが新緑のこの季節の滝景色も美しいですね。
梅雨に入ったこれから水量が増し、素晴らしい滝の落水景色が見られるのではないでしょうか。

037_20170615194038e7e.jpg


028_2017061519403657b.jpg
※撮影 2017 6月11日 東京都桧原村にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


新緑の三頭山 変形ブナ 2017年06月14日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

奥多摩三頭山の森歩きの続きです。
350ccのペットボトル一本とカレーパンを駐車場の売店で調達しタラタラ登った森歩きも頂上へ着いてしまいました。
駐車場を出てから僅か一時間半程の山歩きと言いましょうかハイキングと言いましょうか・・・・。
登山道の途中目にしたL字に折れたブナの木が印象的でした。
この山は天気が余りよく無かったせいも有るのかも知れませんが全く景色がが見えない山なんですね。
水とパン一個持って登って来るんではこんなもんかも知れません。

096_20170614201442342.jpg


098_20170614202312bd9.jpg


053_201706142014389b4.jpg


101_20170614204505a64.jpg


100_20170614201437e6c.jpg
※撮影 2017 6月11日 東京都桧原村にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


新緑の三頭山 涸れ沢  2017年06月13日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

新緑の東京都民の森山歩きの続きです。
三頭大滝に注ぐ水の出所はブナの生い茂る森に蓄えられた豊富な雪解け水でした。
山の斜面から湧き出る僅かな水が集まり、流れ落ちて滝となっていたんですね。
やがて秋川へ注ぎ、多摩川と合流し海へ注ぐ源頭の一つかと思うと1500m余の山なれど捨てたもんでは有りません。
ここでも涸れ沢沿いにヤグルマソウが見る事が出来ました。

060_20170613200823806.jpg


057_2017061320082287a.jpg


055_20170613200821a68.jpg


043_201706132008207be.jpg
※撮影 2017 6月11日 東京都桧原村にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


新緑の三頭山 ブナの路へ 2017年06月12日 山、自然 トラックバック:0コメント:2

新緑の三頭山(ミトウサン)森歩きの続きです。
大滝の源頭はどうなっているんだ?と単純な疑問で登り始めた三頭山。
これ以上無い程に整備された登山道はブナの森へと導きます。
保水率の高いブナが豊かな森や滝を作っていたんですね。
陽の当たらぬ水の涸れた沢沿いにヤグルマソウが奥多摩の初夏を告げていました。

046_20170612211211d04.jpg


052_201706122335343ac.jpg


081_201706122104218ba.jpg


044_20170612210418aee.jpg
※撮影 2017 6月11日 東京都桧原村にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


 » »