初夏の西丹沢山歩き バイケイソウと木道 2017年05月25日 山、自然 トラックバック:0コメント:4

西丹沢の山歩きの続きです。
加入道山から大室山へ続く尾根で見られるバイケイソウの大群生。
白いルピナスに似た花を咲かせるのですが、まだ何処にも花は開いていませんでした。
バイケイソウを保護する為に作られた木道を見ていると尾瀬の湿原を思い浮かべてしまいます。
花が咲くとさぞ素晴らしい光景が見られるのではないでしょうか。
ヤシオツツジにバイケイソウと全く花に巡り会わなかった西丹沢の山歩き、そろそろ下山するとしましょう。

093_20170525181130d04.jpg


090_201705251811283e9.jpg


087_20170525181127d37.jpg


088_201705251811260cd.jpg
※撮影 2017 5月20日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト

初夏の西丹沢山歩き 朽ちたブナと背負子と富士 2017年05月24日 山、自然 トラックバック:0コメント:2

中々終わらない西丹沢・大室山の山遊び。
広葉樹の多い丹沢山系の中でも西丹沢は大きなブナの林を見る事が出来ます。
そんなブナの林に横たわる朽ちたブナの木。
深い緑に覆われていたであろう倒木の廻りは間伐されたかの様に陽が当たっています。
森林保護の為に使ったのか鉄製の背負子がポツリと。
背当てのヒモが野ざらしなのに痛んで無いのが気になります。

017_20170524195149fed.jpg


060_20170524200921ebb.jpg


015_2017052419514840a.jpg


085_20170524195146ba5.jpg
※撮影 2017 5月20日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


初夏の西丹沢山歩き 木道  2017年05月23日 山、自然 トラックバック:0コメント:4

たらたら登る西丹沢の山歩きも終盤となりました。
バイケイソウの群生が生い茂る若葉の林を超えるとそこは大室山頂上。
持ち物と言えば僅かな食べ物に雨具とカメラ、靴は運動靴のおじさん達は3時間程で着いてしまいました。
全く展望の無い大室山山頂で空っぽのザックを置き、形ばかりの登頂の儀式。
季節は初夏に入ったとは言え、木々の葉はようやく出だしたばかりの若葉。
休憩する事も無く一目散に走って登山口へ駆け下りました。

062_2017052319543903d.jpg


094_2017052319543753a.jpg


089_20170523195438316.jpg


100_20170523195437b27.jpg


079_20170523195853ee5.jpg
※撮影 2017 5月20日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


初夏の西丹沢山歩き ”熊避け” 2017年05月22日 山、自然 トラックバック:0コメント:4

初夏の西丹沢・加入道山~大室山登山の続きです。
これと言った特徴を持たない二つの山、楽しみは尾根から見る富士の山。
山の所在地が神奈川県山北町と言う事も有り手に取る様に富士山が真近に見えます。
尾根をこのまま下って行けば山中湖辺りへ行けます。
おじさん達にはそんな元気が無いのでとっとと先を急ぎす。
途中どうやって鳴らすのか良く判らない”熊避け”の木版を所々で目にしました。
山で熊に出会ったら死んだ振りが一番です^^;

061_201705221935478ae.jpg


059_20170522193546a53.jpg


037_20170522195603292.jpg


067_20170522223559600.jpg
※撮影 2017 5月20日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


木立ちから見る春富士 2017年05月21日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

西丹沢加入道山へ向かう途中白石峠付近で目にした木立ち越しに見る富士山。
朝の7時近くと言う事も有り姿がくっきりと見る事が出来ました。
時間が経つに連れ気温も上がり、富士山も少しずつ霞んで行きます。
今回登山に来た加入道山~大室山の頂上は全く展望が無い山なのでしばし足を止めて富士見。
雪が残る富士山を木立ちを額に見立てて写して見ました。
水とカップラーメン、スニッッカー一個だけ持っての退屈な山歩きです。

018_2017052119385259a.jpg


056_20170521193851a79.jpg


025_2017052119385049b.jpg
※撮影 2017 5月20日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


新緑と富士 2017年05月20日 山、自然 トラックバック:0コメント:6

真夏日の様な暑さになった休日、西丹沢の大室山へ行って来ました。
山開きが終わったばかりの丹沢の山も新緑の春山から夏山へと変わろうとしていました。
白石峠から見る道志の山々と富士山の姿は暑さで霞んで見えます。
メンバーは何時ものY、今年の登山計画を立てながら6時間余り、西丹沢の山で良い汗をかいて帰って来ました。
用木沢出合~白石峠~加入道山~大室山~犬越路~用木沢出合、静かな山歩きが出来る良いルートですね。
この日はネットで落札した2000円のPanasonic LUMIX DMC-G1のみ持っての山歩き。
イメージしていた色とは違いましたが何とか使えそうです。

082_20170521144102b27.jpg


019_201705210840524ff.jpg


058_20170520194742b3a.jpg


013_201705202040397a9.jpg
※撮影 2017 5月20日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


春の尾瀬 下山  2017年05月07日 山、自然 トラックバック:0コメント:2

ゴールデンウィークに遊んだ春の尾瀬。
9連休と言う事も有りもう少し居たかったのですが仲間の仕事の関係で下山します。
山を下る日に限って五月晴れの素晴らしい天気になりました。
もう来る事は無いであろう春の尾瀬・燧ケ岳を心行くまで眺め下山の途に着きました。
今回燧ケ岳に登れなかった仲間は連休に再び福島県桧枝岐側から燧ケ岳、会津駒ヶ岳を登って来たそうです。
素晴らしい尾瀬の春山が忘れられなかったのかも知れません。
雪崩や滑落事故の多かった今年の春山、我々の仲間に事故が無かったのが幸いです。

295_201705071934111be.jpg


294.jpg


310.jpg


076_201705071934084a6.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


春の尾瀬 尾瀬沼の夜明け 2017年05月06日 山、自然 トラックバック:0コメント:6

尾瀬長蔵小屋付近から見る尾瀬の夜明け。
モルゲンロートに染まる燧ケ岳などと期待したのですが小屋付近で見る事は出来ませんでした。
若干赤く染まる燧ケ岳が顔を出し始めた尾瀬沼に映り込む景色がとても印象的です。
まだ沼には1mを超える雪が積り、雪解けは6月に入るのではないでしょうか。
雪の季節にしか来た事の無い遥かな尾瀬、水芭蕉やキスゲの花を見に夏に来たくなりました。

195_20170507142249825.jpg


191_20170506192603ea2.jpg


220_201705061947388a9.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


春の尾瀬 尾瀬沼~燧ケ岳 2017年05月05日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

尾瀬沼にテントを設営後直ぐ燧ケ岳に向かいます。
テントを出発して直ぐ晴れていた天気が予報通り崩れ出します。
時折轟く雷、視界が見え無くなる程の降雪、森林限界の2000m付近迄登りましたがガスで先が見えません。
雪の上で初めて寝る方もおり、ここを我々の”燧ケ岳 ”にする事とし撤退。
2500m余りの山ですが東北方面では一番標高の高い山、舐めてはかかれません。
テントへ帰って反省会(宴会)と称し、転がり落ちる様に山を下りました。
5日後一緒に行った仲間達は燧ケ岳、隣の会津駒ヶ岳を登って来たそうです。

161_20170505202005cde.jpg


250_20170505203250585.jpg


113_20170505202004ad1.jpg


117_20170505202001ec9.jpg


054_2017050523182178c.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


春の尾瀬 三平峠~尾瀬沼 2017年05月04日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

4月29、30日と遊びに行った春の尾瀬の続きです。
三平峠まで登ると一気に視界が開け、尾瀬沼そして燧ケ岳が目の前に現れます。
今年は例年の倍の積雪量らしく沼は全て雪で埋まっています。
そんな雪の上を歩く登山者を落ちないかと冷や冷やしながら見ていました。
数時間後この方は燧ケ岳の左端のピーク柴安嵓(しばやすぐら)からスノーボードで滑り下りて来ました@@;
尾瀬沼のテント場にテントを張ると雪が降り出し、さっきまでの天気がまるで嘘の様です。
春山じゃ降雪など当たり前なのですが(笑)

291.jpg
三平峠から見る燧ケ岳

087_201705042133219c3.jpg
尾瀬沼を行くボーダー

095_20170504213320349.jpg
まだ雪の中の長蔵小屋

167_2017050423350453a.jpg
閑散とする尾瀬沼テント場

168_2017050507594292d.jpg
凍る新芽

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


 » »