鰺ヶ沢の海 2017年06月09日 旅行 トラックバック:0コメント:0

一月前の五月の連休に訪ねた青森。
弘前から白神山地へ向かっていたのですがナビの設定を間違えて辿り着いた鰺ヶ沢。
初めて見る五能線の線路と冬の名残が残る日本海。
同じ日本海でありながら故郷富山の海とはまた違う景色に白神へ行くのを諦め眺めていました。
雪の海沿いを走る五能線の列車の風景は素晴らしいのではないでしょうか。
何を今更春青森紀行の一コマでした。

114_20170609215500798.jpg
※撮影 2017 5月3日 青森県鰺ヶ沢市にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト

奥入瀬渓流 銚子の滝と蕗の薹 2017年05月19日 旅行 トラックバック:0コメント:0

ゴールデンウィークに訪ねた奥入瀬渓流で目にした春。
5月に入り、すっかり初夏の風景に様変わりした街とは違いようやく春が訪れた感じでした。
渓流の入り口銚子の滝付近では残雪残る川縁では蕗の薹が彼方此方で見られます。
雪が残る林に芽吹いた蕗の薹から花が咲き出していました。
地元の人は溢れんばかりの山の恵に目もくれないので花が咲いてしまったのでしょう。
季節は初夏と言うのに何を今更記事です・・・・・・・・。

159_20170519201014e3b.jpg


146_201705192010116de.jpg


142_20170519201012bd4.jpg
※撮影 2017 5月4日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


シーハイルの歌 2017年05月18日 旅行 トラックバック:0コメント:4

青森の何処からでも見える名峰岩木山。
5月の連休に青森を訪ねたのは岩木山をこの目で見る事でした。
登山を本格的に始めた20歳前半、山岳会の先輩から教えられた”シーハイルの歌”と言う山歌。
山のテントの中では必ずと言って良い程歌ったものでした。
古い登山家の方なら必ず歌った思い出の歌の一つでは無いでしょうか。
ネットで今も歌うオールドの方々がおられましたのでu-tubeから動画を拝借。
荒れ狂う雪山のテントの中で野郎が歌う程の迫力には欠けますがまぁまぁ聴けます。
高齢者が居なくなったら山の歌も消えるんでしょうね。
ちょっと場違いな記事です。

104_20170518200003517.jpg
※撮影 2017 5月3日

シーハイルの歌 


ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


青森ウォーターフロント 2017年05月17日 旅行 トラックバック:0コメント:4

5月の連休に遊びに行った青森。
わずか二日程の滞在中にふらっと寄った青森ウォーターフロント。
青森ベイブリッジと青函連絡船”八甲田丸”の彼方に岩木山が見えます。
連絡船が運行していた頃は函館から船で来ると岩木山が出迎えてくれたのでしょう。
ニョキニョキとビルが林立している訳でも無、く空がとても広く感じられます。
深い雪に覆われる港の雪景色はどんな風景なんだろうと思いながら眺めて見ました。
中央埠頭と言う離れた場所から望遠で撮ったせいか画像の手前がボケています。

002_20170517204119d87.jpg


005_20170517204118079.jpg


013_20170517204117777.jpg
※撮影 2017 5月3日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


春の奥入瀬渓流Ⅳ 2017年05月16日 旅行 トラックバック:0コメント:0

渓流の流れや滝の美しさだけでは無く春の山間に見られる奥入瀬の春。
幾年の歳月で朽ち、土に還ろうとする倒木にも春が見られます。
倒木の上に堆積した土砂の上に咲くノコンギクの花、傍らに顔を出すコゴミ。
冬枯れした森に射し込む陽射しの中、彼方此方で見る事が出来ます。
ありのままの自然の姿が楽しめるのも奥入瀬渓流の魅力の一つですね。
 
292.jpg


238_201705162038511e6.jpg


282_20170516203850829.jpg


283_20170516223834b7a.jpg
※撮影 2017 5月4日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


春の奥入瀬渓流Ⅲ 2017年05月15日 旅行 トラックバック:0コメント:0

春の奥入瀬渓流、今日は九段の滝のお隣”白糸の滝”を載せて見ました。
この滝も緑生い茂る季節は見逃してしまう滝ではないかと思います。
白糸どころか、かなりの水量で落ちる滝の姿に遊歩道を歩く足が止まってしまいました。
深い緑の季節に落ちる滝の姿は素晴らしいものと思います。
冬が終わったばかりの奥入瀬の滝、枯れ木の中に姿を現す滝郡がとても良いですね。

260_201705152109057d6.jpg


272_20170515210904741.jpg


265_2017051521090347e.jpg
※撮影 2017 5月4日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


春の奥入瀬渓流Ⅱ  2017年05月14日 旅行 トラックバック:0コメント:2

春の奥入瀬渓流の続きです。
冬枯れした木立ちの中に忽然と流れ落ちる”不老の滝”。
2年前の夏に訪れた時は深い緑に覆われ滝の下部しか見られませんでしたが、この時期は全貌が見られました。
木々に緑が生い茂るとガイドブックが無ければ通り過ぎてしまうのではないでしょうか。
無雪期の短い奥入瀬渓流、短い夏を迎える樹木もあっと言う間に緑が生い茂るんでしょうね。

256_201705141854511cb.jpg


259_20170514193228b13.jpg


258_201705141933191cc.jpg
※撮影 2017 5月4日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


春の奥入瀬渓流 2017年05月13日 旅行 トラックバック:0コメント:4

雪が解け、春が訪れた十和田奥入瀬渓流。
銚子大滝から始まる渓流沿いの大滝、小滝はとても見応えがあります。
糸を垂らすように水を落す”九段の滝”、つい二ヶ月程前までは氷瀑だったのではないでしょうか。
滝の廻りの草が雪の重みで潰されていますのでつい最近雪が消えたのだと思います。
渓流沿いにはニリンソウやノコンギクの花が咲き、春が今始まったばかりです。
水苔に覆われた倒木に芽を出す新しい息吹、奥入瀬が水の森だと言う事が良く判ります。

169_20170513184205556.jpg


178_20170513202145c40.jpg


237_20170513184203723.jpg


211_20170513195723251.jpg
※撮影 2017 5月4日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


奥入瀬激流 2017年05月12日 旅行 トラックバック:0コメント:2

5月3日十和田湖畔で一泊した早朝、奥入瀬へ行って見ました。
冬が終わったばかりの銚子大滝付近の木々は冬枯れのままです。
新緑の奥入瀬渓流をイメージして行ったのですが、川も渓流と言うより増水した激流の様です。
冬が終わった十和田湖からの雪解け水が流れ出て来ているのでしょう。
自然のスピードはとても速く、今頃は緑に覆われた渓流に変わっているのではないでしょうか。
※撮影 2017 5月4日

162_20170512220145d6a.jpg


181_20170512220144f7e.jpg


187_20170512220143447.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


十和田湖宇樽部の朝 2017年05月11日 旅行 トラックバック:0コメント:4

ゴールデンウィークに駆け足で遊んだきままな青森の独り旅。
今回の目的白神山地へのナビインプットを間違え鰺ヶ沢へ着いてしまいました。
急遽場所を変え、辿り着いた十和田湖宇樽部。
尾瀬から山道具をそのまま車に放り込んで来ましたので何処でも寝られます。
長い冬が終わった十和田湖はようやく春を迎えようとしていました。
鏡の様な朝の湖面がとても印象的でした。

145_20170511215128a0c.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


 » »