上高地クラッシック 島々古道 2017年07月17日 山、自然 トラックバック:0コメント:2

クラッシックルートを使い上高地まで行って来ました。
島々川谷沿いに続く鎌倉時代から有る島々古道。
豊臣秀吉軍勢が富山藩攻めに用い、近年では日本山岳の生みの親ウェストンも歩いたクラシカルな登山道です。
総距離29kmに及ぶ山道は素晴らしい谷と鬱蒼と茂る森の中を歩くとても良いコースでした。
俗化されてしまった上高地とは一線を画す島々宿からの山旅記事を暫らく続けようと思います。
今日は島々宿登山口から岩魚留小屋までを載せて見ました。
増水した沢に落ちた登山者を助けようと命を落とした岩魚留小屋ご主人の事故を知っている方も多いのでは無いでしょうか。

005_20170717152412e21.jpg
島々宿登山口

011_20170717152410efd.jpg


007_201707171524117a5.jpg
島々谷川

004_20170717210315643.jpg


032_2017071713073245e.jpg
二俣

092_20170717113325d12.jpg


072_20170717113323ddf.jpg


068_20170717113324146.jpg


099_20170717113322f29.jpg
瀬戸上橋


147_20170717125454062.jpg
岩魚留小屋
※撮影 2017 7月15日 長野県松本市島々にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


スポンサーサイト