バテた登山者 2015年06月10日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

谷川岳の西黑尾根は日本三大急登の尾根とも言われています。
剱岳の早月尾根、甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根、谷川岳の西黑尾根を指しているのではないでしょうか。
登山口から延々と続く5時間余りの急登はとても過酷です。
そんな尾根を登り、彼方に見える頂上を見たとたん急にテンションが下がった登山者。
頂上が見えたのでは”後少し、後10分”は通用しません。
まだ登るの!? 参ったな・・・とでも言うところでしょう。
頭を垂れる姿が物語っています。 
岩陰に咲く可憐な花など見る余裕は有りませんね。

DSC02163_20150610123349484.jpg


DSC02136.jpg


DSC02137.jpg


DSC02118.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/1006-7bc00ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)