端午を待つ古民家 2016年04月18日 街の風景 トラックバック:0コメント:0

仕事の途中目にした泳ぐ鯉のぼりに誘われ立寄った公園。
武蔵野の面影残る立派な古民家と屋敷林でした。
築300年の古民家に代々残る五月人形。
この時代、この農家にはどんな暮らしが有ったのかと考えてしまいました。
残さなければならない日本古来の季節の風景ですね。
国指定要文化財朝霞市旧高橋家住宅にて。

058_20160418215222d8e.jpg


050_20160418215221b50.jpg


057_2016041821522137a.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


関連記事
スポンサーサイト
« «ホーム» »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/1310-103293b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)