赤岳西壁 2016年05月02日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

雪が解け、赤い岩肌が見え始めた赤岳。
雪崩の危険が消えた赤岳西壁主稜を登攀する光景が見えます。
岩と泥に塗れ、大自然と対峙するクライマーの姿がとても良いですね。
より困難を追い求める登山こそが山岳だと思う気持ちは今も変わらない。
冬の寒さで岩が凍り付き、この時期しか攀る事が出来ない八ヶ岳の岩場の一コマです。
酸化し、赤く褐色した岩肌が赤岳と呼ばれる由来が良く判りますね。

157_20160502114302dfa.jpg


106_20160502164336c6d.jpg


101_20160502114300b54.jpg


103_20160502114301dd6.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


関連記事
スポンサーサイト
« «ホーム» »

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/1322-17dbc1b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)