甲斐駒ヶ岳の思い出 2016年07月24日 山、自然 トラックバック:0コメント:6

甲斐駒ヶ岳は私の登山の中でも思い出残る山の一つです。
24歳の大晦日、甲斐駒より連なる鋸岳を山梨県側より登攀中に起こした雪崩遭難事故。
遭難の傷も癒えぬ4年後の28歳の時には甲斐駒ヶ岳・赤石沢奥壁ダイヤモンドフランケ登攀中での墜落。
バリエーションルートの登山とは言え甲斐駒ヶ岳には何時も払いのけられました。
時が経ち、こうして鋸岳の稜線を眺めると、アルピニズムを追い求めた若い頃の思い出が蘇ります。
60歳も過ぎ、もう登る事は無いであろう鋸岳の稜線に沸き立つ登山意欲を感じました。

152_201607241145258e1.jpg


146_20160724102244702.jpg


251_20160724095934b53.jpg

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


関連記事
スポンサーサイト
« «ホーム» »

コメント

こんばんは。
長年の登山のキャリアをお持ちなんですね。
それにしても雪崩に墜落とは・・ すごいです。
私も冬の北アには何度か行きましたが、雪崩が
恐ろしくて撤退したこともありました。
なにせ安全第一、ゆっくり登ろうがモットーですので。

大きな山荘ではよく山の絵葉書を売っていますが、
わたすげさんのblogでは深呼吸したくなるような素晴らしい
風景をタダで見られてとても得した気分です^^
バスから見えた鋸岳、やはり体力を必要としますか・・
  1. 2016/07/24(日) 22:02:12 |
  2. URL |
  3. yukaten #kpjYxc8I
  4. [ 編集 ]
おはようございます。
yukatenさん
お早うございます。
雨の入山も天気が上がり、真夏の山になりました。
やはり天気が良いとテンションが上がりますね。
雪崩に墜落と若い頃は若さにまかせ色んな事をしていました。
山で事故を起こすのは最低の登山者だったのでしょう。
今はゆっくり尾根歩きと下山後の温泉を楽しんでいます。
伊那の仙流荘から見上げる鋸岳は迫力が有りますね。
あんな所を冬に歩こうとしていたのかとゾォーとしました^^;
  1. 2016/07/25(月) 06:51:27 |
  2. URL |
  3. hckhc29112000 #ekCUXRGs
  4. [ 編集 ]
随分長い登山歴なのですね。私も何十年と絵画の世界を追い求めていまだ道半ばなのですが、どの分野でも持続するということが一番重要だということにやっとこの頃気づいたところです。でもアルさんは命がかかっているので大変ですね。
  1. 2016/07/25(月) 08:48:13 |
  2. URL |
  3. miya #gSYF2qqM
  4. [ 編集 ]
こんにちは^^
連休前に出かけると言われていたので、
どこに行くのだろう(もちろん山)と思っていたのです。
素晴らしい所ですね。

長い登山暦があるのですね。
困難があってもそれを教訓にし、
前に進んでいく~
素敵な事ですね。

山から雲海が見える。
↓の記事の写真もすごい!!!
本当に美しいです^^♪
  1. 2016/07/25(月) 16:35:34 |
  2. URL |
  3. ハーモニー #-
  4. [ 編集 ]
こんばんは。
miyaさん
コメント有難うございます。
長く続いている訳では無いのですが・・・・・。
途中子育てや仕事などで空白が20年余り有ります。
色んな趣味を齧ったのですが、やはり山が一番好きでした。
ただそれだけです^^;
何時か登れなくなる年齢が必ず来ますのでもう少し頑張ろうと思っています。
絵画の世界もいろんな挫折などが有るんでしょうね。
長く続けて行かれる事を願っています。
  1. 2016/07/25(月) 21:44:44 |
  2. URL |
  3. hckhc29112000 #ekCUXRGs
  4. [ 編集 ]
今晩は。
ハーモニさん
コメント有難うございます。
年は取りましたが、まだまだ現役で登っています。
一緒に登っている方には判らないと思いますが、年々山がきついと感じられるようになりました。
年相応の山に変えて行かねばならないのかも知れません。

  1. 2016/07/25(月) 21:51:55 |
  2. URL |
  3. hckhc29112000 #ekCUXRGs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/1404-5854a362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)