初夏の西丹沢山歩き 朽ちたブナと背負子と富士 2017年05月24日 山、自然 トラックバック:0コメント:2

中々終わらない西丹沢・大室山の山遊び。
広葉樹の多い丹沢山系の中でも西丹沢は大きなブナの林を見る事が出来ます。
そんなブナの林に横たわる朽ちたブナの木。
深い緑に覆われていたであろう倒木の廻りは間伐されたかの様に陽が当たっています。
森林保護の為に使ったのか鉄製の背負子がポツリと。
背当てのヒモが野ざらしなのに痛んで無いのが気になります。

017_20170524195149fed.jpg


060_20170524200921ebb.jpg


015_2017052419514840a.jpg


085_20170524195146ba5.jpg
※撮影 2017 5月20日

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


関連記事
スポンサーサイト
« «ホーム» »

コメント

おはようございます。
立てかけてある背負子が気になります。
何時からここになるんでしょうね。
今日の富士山も素敵です。
  1. 2017/05/25(木) 06:28:16 |
  2. URL |
  3. さゆうさん #-
  4. [ 編集 ]
今晩は。
さゆうさん
コメント有難うございます。
アルミ製や木製の背負子と言うのが一般的なのですが、鉄製の背負子と言うのは初めて見ました。
重い物を担ぐのに鉄製と言うのはどうなんでしょうか。
余程強力の人が使った背負子なのでしょう。
忘れ物なのか気になりました。
  1. 2017/05/25(木) 18:58:45 |
  2. URL |
  3. aru #ekCUXRGs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/1687-46e6bfd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)