上高地クラッシック 島々古道にて 2017年07月18日 山、自然 トラックバック:0コメント:4

島々宿から歩く島々古道。
その昔人々が山を越え、行き来していた事が良く判ります。
島々宿から徳本峠を超え、焼岳中尾峠から蒲田へ下り、船津から越中へ行くこの道が最短の道だったのだと思います。
豊臣秀吉に追われ、逃げる途中殺された飛騨松倉城主三木秀綱の奥方の慰霊碑や炭焼き窯も見られます。
今でも陽の当たらぬ森と谷だけは昔と同じなのではないでしょうか。
先人達を思いながら幾つもの沢を渡り徳本峠を目指します。
歩きながらの撮影故ボケや色の悪さはお許し下さい。

047_20170718200116c9f.jpg


039_20170718200115a8b.jpg
松倉城主三木秀綱奥方の慰霊碑

058_20170718200113c7d.jpg
炭焼き窯

091_20170718200114978.jpg
島々谷川

055_20170718200113924.jpg


106_201707182155563d5.jpg
※撮影 2017 7月15日 長野県松本市島々にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


関連記事
スポンサーサイト
« «ホーム» »

コメント

こんばんは^^

昔の人々もこの道を歩いたのですね。
先人達も同じ景色、この森と谷を見たのかと思うと、
歩きながら 遠い昔に思いを募らせますね。
  1. 2017/07/18(火) 23:43:08 |
  2. URL |
  3. ハーモニー #-
  4. [ 編集 ]
お早うございます。
ハーモニーさん
コメント有難うございます。
今のような道路が無い頃ですので山を越え、谷を越えて集落を移動していたんですね。
獣が住む森の中を何日もかけて歩いたのではないでしょうか。
ただただ昔の人は凄いなぁ・・・の一言でした。
昭和の初め頃までは普通の登山道だったのですょ。
  1. 2017/07/19(水) 06:12:36 |
  2. URL |
  3. aru #ekCUXRGs
  4. [ 編集 ]
はじめまして

にゃんこ大好き日記のmesudanukiと申します

いつも山の美しい写真楽しみにしています。
最初はバックに流れている曲が寂しく感じましたが
今は大好きです

美しい山に美しい曲
いいですね

私ごとの話になりますが
以前は私達夫婦も
山に熱中しておりましたが
ある事がきっかけで
主人が全く山に近付こうとしなくなってしまいました
ですから、わたすげさんの写真を見ていると
その時の空気気温迄もが感じれます

あつかましい話しで申し訳ありませんが
私達夫婦の山の記録を綴ました「ヤマレコ osudanuki」
を見て頂ければうれしいなぁと思います

どうぞこれからも楽しみしておりますの
事故遭難は充分ご注意の上
山に挑んでください

偉そうな事を長々書きごめんなさい
  1. 2017/07/22(土) 12:37:17 |
  2. URL |
  3. にゃんこ大好き日記 mesudanuki #-
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
mesudanukiさん
コメント有難うございます。
この音楽も聞く人によっては耳障りらしいです。
山レコ拝見させて頂きました。
素晴らしい山行の数々に2016年は全て見させて貰いました。
ヘク谷の遡行や英彦山の岩壁はとても良いですね。
恐らく岩稜の登山が多いのでは無いでしょうか。
私も岩壁登攀が多かっので、尾根を歩く様になったのは40歳を過ぎてからです。
今御年63歳になるのですが、やはり山は岩、雪、沢が有る山域をチョイスしてしまいます。
幾つまで登れるか判りませんが、今だ山小屋には泊まった事が有りません。
旦那さんも山に登らなくなったのでは無いと思います。
山に燃えた若い頃の自分とは違う事に気付き、今は一腹中だと思います。
昔クライマーは必ず山に戻って来ます。
ザイルは使う事が無くなりましたが、見知らぬ山を歩くととても山が新鮮に見える様になりました。
またお寄り下さい。
  1. 2017/07/22(土) 16:47:40 |
  2. URL |
  3. aru #ekCUXRGs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/1738-ef95c84c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)