穂高稜線 2017年08月03日 山、自然 トラックバック:0コメント:2

常念山脈霞沢岳k1付近から見る天気が崩れ出した早朝の西穂高~奥穂高稜線。
西穂高岳上空には雨雲が掛り、恐らく雨が降っていると思います。
40年前の5月、西穂~奥穂稜線を雪と格闘しながら心を無にして攀った事が鮮明に思い浮かんで来ました。
そんな天気もお構い無しに登山道に咲くイワカガミやサンカヨウの高山植物。
雪が解け、僅か二ヶ月程の短い夏の山に色を添えています。

205_20170803085715caa.jpg


352.jpg


224_20170803085714c95.jpg


255.jpg
※撮影 2017 7月16日 長野県松本市安曇上高地にて

ランキングに参加中です 皆様のポチ!が、大変励みになっております。
     ↓
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


関連記事
スポンサーサイト
« «ホーム» »

コメント

こんにちは^^
早朝の景色~
少しヒンヤリとした空気を感じます。
そんな中、咲いている綺麗な花。
可愛くて綺麗で心が和みます。

穂高の夏は二ヶ月程なんですね。
  1. 2017/08/04(金) 16:32:33 |
  2. URL |
  3. ハーモニー #-
  4. [ 編集 ]
今晩は。
ハーモニーさん
コメント有難うございます。
高度が上がるに連れ色んな高山に咲く花が表れ出しました。
山の夏は穂高だけで無くほぼ二ヶ月だと思います。
9月には紅葉が始まり、10月には雪が降ります。
僅かな期間に毎年咲くのですから自然の生命力と言うのは素晴らしいですね。
  1. 2017/08/04(金) 20:42:35 |
  2. URL |
  3. aru #ekCUXRGs
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/1751-1a20d049
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)