白い稜線 2013年02月16日 山、自然 トラックバック:0コメント:0

飛騨・中尾の集落から見た錫杖岳から双六岳へ続く稜線。
笠ヶ岳~抜戸岳~大ノマ岳~弓折岳が夏とは違う姿で屏風の様に姿を現した。
今日はあの稜線の上を歩いているアルピニストはいるのだろうか・・・。
25年前に攀った抜戸岳の中央壁(3枚目の左中央付近)だけが黒々とした岩肌を見せている。
アルピニストにだけ与えられた世界に行く事が出来ない今、何時までも山を見つめていた。
冬の山は何時見ても素晴らしい感動を覚える。

072_20130216232435.jpg


073_20130216222614.jpg


071_20130216214953.jpg

ポチっと押していただけると励みになります。
   ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/302-e38172de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)