春の渡良瀬遊水地 2013年04月11日 街の風景 トラックバック:0コメント:0

仕事が休みでしたので茨城、栃木、群馬、埼玉の4県にまたがる渡良瀬遊水地の春を見に行って来た。
春の野焼きで焼き尽くされた背丈程あった湿原の葦原には葦の新芽が出始めていました。
遊水地付近の桜は散ってしまっていましたが、木々にようやく新芽が出だした所です。
川のデルタ地帯と言うのでやはり寒いのでしょう。
そんな中渡良瀬遊水地に自生する”ノジトラノオ”が新しい花を咲き出そうとしていました。
この花は絶滅危惧種です。
湿地帯に多く見られる花らしいのですが、5月の終わり頃に可憐な花を咲かせてくれます。
初夏にもう一度見に来よう。

038_20130411170646.jpg


011_20130411160931.jpg


008_20130411163108.jpg


020_20130411162734.jpg


010_20130411160356.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
いいね!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/363-be9d5038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)