蔵の街と紫陽花 2014年06月22日 街の風景 トラックバック:0コメント:0

梅雨が舞い戻った日曜日、栃木県・太平山のあじさい坂へ紫陽花を見に行った帰り、栃木市へ寄って来た。
栃木市は埼玉の川越市と並び、蔵の街として有名です。
関西の”大阪商人”関東の”栃木商人”と言われるくらい商業が栄えた街だったそうです。
蔵が有ると言う事はお金も沢山動いたのでしょう。
巴波川(うずまがわ)と言う川沿いには今も蔵が多く見られます。
時代劇に出て来る場所の様ですね。
”越前屋、お前も悪やの・・・”の世界が有ったかどうか!?
商都として栄えた栃木市の江戸時代の繁栄が目に浮かびます。

093_20140622185842d70.jpg


096_2014062218584199f.jpg


088_201406221858408e3.jpg


085_20140622185839e49.jpg


126_201406221858391f8.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://hckhc2911.blog23.fc2.com/tb.php/632-9ee992a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)